う・な・は・だ・け

昨日、無事オープン初日を迎えることができました。正直、誰も来ていただけなかったらと内心ひやひやものでした。

 

たくさんのお客様より お祝いのお花やお手紙 メッセージなどいただきました。本当にありがとうございます。この初心の気持ち、感謝の気持ちを忘れないように日々挑戦していきたいとおもいます。

 

 

今日のお客様のよりいただいた一言 『きれいな肌ってどんな肌?』

 

つい、『鏡を見て、わ~私のお肌って綺麗♡』って思えたらオッケーですよー、と言いそうになりましたが、そんなざっくりな説明では納得いかないですよね。そこでご自身のお肌を鏡でチェックされるときに意識していただきたいポイントをお伝えします。

 

う・な・は・だ・け

 

呪文のようなフレーズですが『潤い・滑らかさ・張り・弾力・血色』の頭文字をとって『う・な・は・だ・け』となります。この5点にプラス、加齢とともに気になるのが『つや』『透明感』です。赤ちゃんのお肌を思い出してみてください。プルプルでさらっさらで、すべすべでもちもちで、くすみもなく・・・思い出すだけで『戻れるなら戻りたい』

 

そう思います。そして現実『カサカサして乾燥している・肌が荒れてくる・皮膚がたるんでくる・しわが目立ってくる・しみができる・青白い(生気がないというのでしょうか?)・くすんでいる』などなど。悲しい……

 

でも大丈夫!!きちんとお手入れをしていけば改善していきますし、きっと自信のもてるお肌を手に入れることができます。

 

 

 

 

保湿の大切さ

 

まず、美肌に近づくために一番大切なこと、一番の近道はやっぱり『保湿』です。年齢を重ねるごとによって生じてくる様々な変化を老化(エイジング)といいますよね。具体的には先ほど述べた上記のような変化です。もちろん、老化現象には出てくるスピードや程度、範囲など現れ方には個人差があります。老化現象の起こってしまう原因もたくさんあって、お肌のお手入れ方法が誤ってしまっている場合もあれば、普段の生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れてしまいトラブルを招く場合もあります。さらに、毎日降り注ぐ紫外線による外的要因からくる老化まで。たくさんの老化要因はありますが『お肌の仕組み』をしっかり理解・熟知していただければ、『保湿』に辿り着くんです。なので、まず何から始めればいいの??というかたは丁寧な保湿ケアからはじめてあげてみてください。